>

仮想通貨取引所を知れば有益な取引ができる?

販売所と取引所の違い

取引所の方がお得に取引できる?

文字だけで見ると販売所も取引所も変わりはないとおもいますが、仮想通貨を提供している企業にとっては全く異なります。

販売所はユーザーと企業が取引をする場所ですが、取引所はユーザーとユーザーが取引をする場所なのです。
そのため販売所よりもICOの価格が安い傾向にあり、できる限り通貨を安く購入したい場合におすすめです。販売額に関しても自分の好きな価格で販売することができるので、チャートを参考にしながら楽しく取引ができます。

ちなみに信用取引だけではなく現物取引でもFXのような注文ができるところもありますので、スキャルピングという超短時間取引で利益を出すこともできます。提供している企業によってはチャットルームを設け、ユーザー間でやりとりができるところもあります。

絶対に取引できるとは限らない

販売所よりも変動が激しく、ややハイリターンハイリスクになりつつある取引所ですが、気を付けるべきポイントはあるのでしょうか。前の項目でも触れましたが、取引所はユーザー間でのやりとりのため必ずしも通貨を売買できるとは限りません。例えば相場が1枚100円の通貨を売りたいとして、3枚で400円に設定することができます。しかしこの価格では誰も見向きもしません。さらに値段を下げて3枚で210円にした場合、1人のユーザーが3枚すべて購入するのではなく1枚を70円で買うユーザーが3名といった分割で購入されることもあります。
そのため相場やチャートをしっかりと読んだ上で取引をしないことには、多くの損失を出してしまうこともあるのです。



ページ
Topへ